読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体(karada) hack

「治してやる!」 から 「なんか治っちゃう」へ

そして仮説へ その3

 こんばんわ。karada89です。

 
 
 
 「そして仮説へ その2」では、
 
 回復力を発揮させるために、その大元を調整する理論は東洋医学以外の理論に求めたほうがいいのでは?
 
 というものでした。確か。
 
 
 
 今のところ、頭のなかでああなんじゃないか、こうなんじゃないか、と模索中でして、仮説というほど納得いくような形になってないので、完成を論じきる事はできません。ただあくまでもイメージとしてはあるのでゆるく書いてみます。
 
 
 まず、回復力というのを信じます。過信するくらいでいいと思います。回復力というのが全てで、本当は全てが何もしなくても治っていきます。という設定です。
 
 回復力といってもその人自身の身体単体だけではエネルギーはたかが知れてるんじゃないかと感じます。もう自分の身体が持ってる力だけでは回復できない。
だから他のなにか手助けが必要なんじゃないか。違うエネルギーが必要なんじゃないかと思うんですね。
 
 少し話はずれますが、たとえば植物。野生の植物ってなんであんなにたくましくて艶があるんですかね、って思いませんか?同じ植物を部屋で育てると、どんなに綺麗に育てても外で育ったものに比べて弱く感じますよね。
 科学的根拠はわかりませんが、外に流れてるエネルギーってすごいパワーを持っていると思います。生き物はその恩恵を受けていると思うし、影響もされると思います。
 生き生きしてる生き物って、きちんとそういうものが自分の中を流れているんじゃないかと思うんですよね。
 逆にいうとそういうエネルギーがうまく自分のなかに流れてなかったり取り込めないと回復力って発動してもすごく弱いんじゃないかと感じます。
 外からのエネルギーが入ってこないと、身体も弱いですが心も弱くなるんじゃないかなと。まあ 心=身体 だと思いますのでどっちにしても弱くなると思います。
 
 きっと野生の強さを手に入れるってそんなに大変なことではないような気がするんですよね。
 世間ではいろいろ健康法がありますがきっとそんなややこしい事ではない気がします。なぜかというと治療者側からすると、すごく治している人ほど治療に手数をかけないからです。あれこれ真剣に頑張って、気合入れて、精魂尽き果てて治療するけど、治療効果が長続きしないって事のほうがざらにある。
 
 なにをどうすれば回復力がきちんと発動するのか・・・。というのを考えたときに、どうすれば身体が外のエネルギーをきちんと取り込めるのか、という方向性が自分の中で芽生えました。
 
 エネルギーの種類とか名称とかそういうのは全くわかりません。ただ「なにか大きいエネルギー」が外界には存在して常に流れ続けてる様な気がしますしそうであってほしいと思います。
 
 治療においてその「なにか大きなエネルギー」が身体の中を流れるのを邪魔してるものを取り除いて上げることができれば…
 
 果たしてそれは何なのか、正直なところわかりません。ただ脊髄神経や脊柱という身体の中心部分というのはそういうエネルギーとなにか関連があるのではないかと感じています。