読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体(karada) hack

「治してやる!」 から 「なんか治っちゃう」へ

st(スティッキー) とは何なのか?

こんばんわ。karada89です。

 

st(スティッキー)・・・右手のセンサーを異常部位にかざしたとき左手のテスター滑りが悪くなる。

sm(スムース)  ・・・右手のセンサーを異常がない部位にかざしたときは左手のテスターの滑りは悪くならない。もしくは滑りがよくなる。

 
前回は入江式フィンガーテストのお話でしたね。
 
        st(Sticky)
   
          を
 
        sm(Smooth)
 
         にする。
 
  そうすると症状を消すことができる。という事でした。
 
 
 
 今回は身体から発生する st の反応とは何なの?ということを私なりの意見を述べたいとおもいます。
 
 
 
 簡単に言うとそれは
 
 

        喧嘩

 
 です。
 
 

f:id:karada89:20160302033711j:plain

 
 喧嘩はお互い相手がいて成り立つものです。そのお互いというのは
 
       
        身体自身が治ろうとする力
 
             と
 
        身体を悪くしようとする力
 
です。
 
 身体自身が治ろうとする力、というのはいわゆる回復力とか自然治癒力とか言われるものです。
 身体を悪くしようとする力、というのは例えばウイルスとか細菌、害のある食べ物、無理にかかる外力、精神的なストレスなどなどです。ほんの一例ですけどね。
 
 この2つがぶつかり、喧嘩をした結果、そこに様々な反応が現れて、それを FT で検出する、という考え方です。
 
 因みにその反応というのは 「気」 というものなのか 「電磁波」 なのか 「波動」 なのか、よくわかりません。
 
 
 
 生きてるというのは常に治ろうとしています。常に良くなろうとどこかで喧嘩してます。
 
 なので面白いことに自覚症状がなくても 身体には st なところは出てきます。
 
 
 
 いかに st を効率よく見つけ、その反応を少ない手数で消去するのか、というのが入江式フィンガーテストを使った診断になります。